fuji engeneering

  • トップページ
  • 会社情報
  • 事業実績
  • 仕事の流れ
  • 採用情報
  • お問い合わせ
富士エンヂニアリング株式会社
Copyright@2014 FUJI Engineering co.,ltd.
All Rights Reserved.

会社情報

  • 会社概要
  • 沿革
  • オンリーワンのFA技術

沿革

1967年
産業機械(主として自動車関連)の総合エンジニアリング会社たることを目的として創立。
資本金100万円
1968年
群馬県太田市東金井に工場建設。
自動車集成・組立・溶接ライン・プレスラインの自動化装置制作開始。
1970年
電気油圧サーボ応用分野に着手。
1972年
電気産業用、業種初の全自動プラスチック真空形成ライン開発、納入。
1973年
4軸サーボシステムを採用した業界初の船舶シミュレータ開発、納入。
1974年
超可塑性軽合金SPZの成型機を開発、納入。(特許取得)
1975年
資本金1000万円に増資。
測定、判別、記録の各機能をコンピュータエイドによりシステマイズした6ディメンション、無人検査ラインを開発、納入。
1976年
市販ロボットの汎用性と専用マルチスポットの長所を併せ持つ溶接専用ロボットを開発。
1978年
既設タンデムプレスラインの、コンピュータエイドによる自動段取機能付プレスフルオートメイションを完成、納入。(米国特許 取得)
1979年
チェコプラハで、開催された日本ー東欧・技術交流に「溶接の自動化・ロボット化グループ」日本代表として参加。
1980年
複合・熱可塑性樹脂材料のタンデム方式全自動連続成形機を開発、納入。(特許取得)
群馬県新田郡薮塚本町に工場建設。本社移転。
1981年
資本金3000万円に増資。
国産初のパーチクルボード製造ラインの自動化を完成、納入。
1982年
秒速3m、ストローク可変のシャトルトランスファを開発、納入。(特許取得)
マレーシア向け樹脂成型設備輸出開始。
1983年
マルチスタック、ディスタックシートフィーダ開発、納入。
多軸CNCスポット溶接機開発、納入。
1984年
自動発泡多段プレス開発、納入。
冷蔵庫、冷蔵ショーケース用自動発泡ライン開発、納入。
自動車ボディ組立FAシステム開発、納入。
自動車シーリング塗布ロボットライン納入。
韓国向ボディ組立用設備輸出開始。
1985年
韓国向けプレス自動化設備輸出開始。
米国向けプレス自動化設備輸出開始。
アイセンサー付パネル自動供給装置開発、納入。
代表取締役 和田義政 群馬県金型工業会会長に就任。
CADシステム導入。
1986年
第2工場建設。
1987年
エンジニアリングセンター増設。
FUJI ENGINEERING USA設立。
米国自動車工場向けエンジニアリング業務開始。
ソ連(現・ロシア)向けプレス自動化設備輸出開始。
メキシコ向けプレス自動化設備輸出開始。
代表取締役 和田義政 群馬県総合表彰(商工功労)を受彰。
秒速4m級シャトルトランスファ開発、納入。
ソ連(現・ロシア)向け自動車ボディ組立用設備輸出開始。
1988年
資本金5000万円に増資。
アルゼンチン向けプレス自動化設備輸出開始。
1989年
米国向けボディ組立設備輸出開始。
台湾向けボディ組立設備輸出開始。
カナダ向けプレス自動化設備輸出開始。
自動車インストルメンタルパネル自動装着装置開発、納入。
1990年
超大型タンデムプレス用ディスタックシートフィーダ開発、納入。
2軸サーボ天吊り式搬送ロボット開発、納入。
大型プレス高速金型交換システム開発、納入。
1991年
住宅用素材製造ライン合理化設備製作。
アルミ対応ディスタックシートフィーダ開発。
2軸同期式ターンオーバー開発。住宅用素材加工ライン製作。
1992年
英国向プレス自動化設備輸出開始。
3軸同期式ターンオーバー開発。
1993年
専務 原孝光 太田経営者協会理事長に就任。
群馬県合理化モデル工場に指定。
ドイツ化学工場向け自動化設備輸出開始。
1994年
第2工場増設。
鋼板用高圧洗浄装置開発、納入。
トランスファープレス用オートパレタイジングシステム開発、納入。
1995年
全自動アクリル板生産ライン開発、納入。
インド向け自動化装置輸出開始。
タイ向け自動化装置輸出開始。
住宅用壁製造設備開発、納入。
自動販売機用ラック自動製造設備開発、納入。
1996年
塗装鋼板用ブランキングライン開発、納入。
二次電池製造設備製作、納入。(超音波溶接機導入)
サーボガン使用溶接・製造設備開発、納入。
住宅用瓦素材前処理塗装加工梱包ライン開発、納入。
1997年
第4世代高速ディスタックフィーダー開発、納入。
レザーブランキング装置開発、納入。
レザー溶接ライン開発、納入。
高圧洗浄装置共同開発、納入。
1998年
ISO「9001」認証取得。通商産業大臣表彰受彰。
通商産業大臣表彰授彰。
米国GMリーダーシップミーティング参加。
ポーランド向けプレス自動化設備輸出開始。
ブラジル向けプレス自動化設備輸出開始。
1999年
大型五面加工機(RB6VM)を導入。技術開発部100%CAD化完了。
代表取締役 和田義政  群馬県功労者表彰(商工功労)を受彰。
2000年
航空宇宙分野ハニカムパネル加工開始。
中国向けプレス自動化設備輸出開始。
精密機器 組立対応工場を開設し、DVD印刷機等製作。
2001年
群馬県1社1技術選定。
中川威雄技術奨励賞受賞
2002年
環境分野活動開始
2003年
IT推進モデル企業に指定。
群馬県合理化モデル工場10年表彰受彰。
2004年
米国向磁性体:非磁性体共用ディスタックシートフィーダ開発、納入。(特許取得)
厚生労働省「高齢者雇用開発コンテスト」厚生労働大臣最優秀賞受賞。
2005年
専務 和田隆義 代表取締役に就任。
プレス用3次元サーボトランスファ開発、納入。
2006年
代表取締役 和田隆義 太田機械金属工業協同組合 青年部会長に就任。
2007年
超高速プレス自動化装置開発。
2008年
CATIA V5導入。DELMIA導入。
2009年
資本金6000万に増資。
食品、医療分野向け装置開発。ビジョンセンタリング装置開発。
2010年
制御用PCを用いた、品質・生産・出荷管理システムを開発、納入。
食品業界向け自動化設備納入開始。
微細電機部品自動組立装置開発、納入。
2011年
製函機・封函機開発。
2012年
ペンダントレスのロボット簡易ティーチングシステムを開発、納入。
産業用ロボットによる食品原料製造工程自動化開発。
プレス間高速搬送装置開発。
2013年
CATIA V5 増設。
ロシア向けプレス自動化設備輸出再開。
ナチロボット会会員認定受領。
2014年
回生エネルギー利用の発電システム開発。